特待生制度について教えてください

本学の特待生制度には下記のものがあります。詳細については入学試験要項でご確認ください。

  • 文武両道入試特待生チャレンジ制度
    対象入試:自己推薦入試
    自己推薦入試においての成績優秀者を入試特待生とします。
    A特待生 募集人員の10%程度 入学金および在学中(4年間)の授業料の全額を免除
    B特待生 募集人員の20%程度 入学金および在学中(4年間)の授業料の半額を免除
    I特待生 募集人員の30%程度 入学金および在学中(2年間)の授業料の半額を免除
    M特待生 最大10名 入学金を免除
    →詳細はこちら
  • 入試特別奨学生制度
    対象入試:推薦入試K方式(入試特待生制度)
    推薦入試K方式(入試特待生制度)においての成績優秀者を入試特別奨学生とします。
    文部科学省の定める国立大学の標準額と同額の学費を4年間適用します。
    1年次 学費817,800円(入学金含む)
    2年次以降 学費535,800円

    ※倉敷市内の高等学校を卒業または卒業見込みの方に限ります。
    ※上記金額は、2020年度入学生が入試特別奨学生に選ばれた場合の金額です。
    →詳細はこちら

  • 入試特待生制度
    対象入試:推薦入試K方式(入試特待生制度)
    推薦入試K方式(入試特待生制度)においての成績優秀者を入試特待生とします。
    入試特待生は、初年度学費の全額(入学金を除く)を免除します。
    入試特待生としての合格者は、全学部で最大10名(志願者数の10%以内)とします。
  • 入試特待生制度
    対象入試:一般入試(前期A、前期B)
    一般入試(前期A、前期B)においての成績優秀者を入試特待生とします。入試特待生には、特待生Ⅰと特待生Ⅱがあり、入試の成績により免除の内容が異なります。
    特待生Ⅰ:在学中(4年間)の授業料を半額免除(全学部で7名以内)
    特待生Ⅱ:初年度(1年間)の授業料を半額免除(全学部で70名以内)

    ※特待生Ⅰの資格は4年間継続しますが、著しく学業成績が低下したとき、また、入試特待生としてふさわしくない行為があったときは、その資格を取り消すことがあります。
  • (在学生)特待生制度
    在学中の成績により各学科若干名を選出し、授業料の半期分免除します。(年度ごとに選出します)