2020年6月21日(日)オープンキャンパスを開催しました

2020年6月21(日)、オープンキャンパスが開催されました。新型コロナウィルスの影響により、高校生の皆さんと直にお会いすることができた、今年度初のオープンキャンパスとなりました。

危機管理学科でも学科紹介・体験イベントを行い、多くの方にご参加いただきました。

【午前の部 体験イベント】

・防災・減災イメージトレーニング
「『浸水被害により、自宅の一階で寝ていた高齢者が亡くなった』としたら」を発端にその原因を探り、対策を考えるイメージトレーニングを体験いただきました。「一階にいたのがいけなかったのかな」「大雨の情報を知らなかったのかな」「知らせるには、どんな手段がいいんだろう?」参加者のみなさんには、非常に真剣な表情で取り組んでいただきました。

・学生消防隊デモンストレーション
将来は消防士を目指す学生を中心に活動している学生消防隊のみなさんによる、 AEDを使用した心肺蘇生のデモンストレーションが行われました。

【午後の部 体験イベント】

・AIとドローンとVRを体験して考える危機管理
防災・防犯をはじめ、危機管理の現場ではAIやドローン、VR導入が進んでいます。ご来場いただいたみなさん自身が実際にドローンを飛ばしてみるなど体験を通して、私たちの生活を変えて行く新技術に触れていだたきました。

また当日は、youtubeライブでの配信やオンラインでの個別相談も行われました。

次回のオープンキャンパスは7月23日(木・祝)、そして8月2日(日)にも実施予定です。危機管理学科を体験しに、ぜひお越しください!!!