「麒麟のまち観光局」と共同研究を開始しました(2018.09.01)

このたび、本学は鳥取市の一般社団法人麒麟のまち観光局と共同研究契約を締結し、観光商品開発や観光マーケティング研究をおこなうこととなりました。一般社団法人麒麟のまち観光局は、「麒麟のまち圏域」への観光客の受入環境の整備や国内外の観光客の誘致を推進し、地域経済の活性化に寄与することを目的として活動している団体。共同研究の第一弾として、9月17日(月・祝)~19日(水)には、本学危機管理学部危機管理学科で地域観光政策を研究する13名の学生が、鳥取砂丘などでの実地調査をおこないました。今後も、圏域観光の質の向上のため、若い感性を活かした観光商品の開発など、地域観光と産業の発展に向けての研究を進めていく予定です。

■麒麟のまち圏域とは・・・
因幡(鳥取県東部)と北但西部(兵庫県北西部)圏域の7市町からなる地域で、古くから歴史や文化、生活圏を共有しており、豊かな自然と山海の幸に恵まれた地域です。

麒麟のまち観光局についてはこちら
危機管理学部についてはこちら