岡山県立芳泉高等学校との遠隔授業について(2019.10.17)

20191017日(木)、倉敷芸術科学大学芸術学部五十嵐英之教授及び学生2名が岡山県立芳泉高等学校の美術の授業として遠隔指導を行いました。

芳泉高等学校の平尾教人教諭(芸術学部美術学科(現デザイン芸術学科)卒業生)の教育計画に配された単元の一つです。新学習指導要領に対応する教材について検討しながら、実践に取り組んでいます。今年度第一回目の遠隔授業では、作品制作につながるテーマ「そのドアをあけるとそこは○○だった」が提示されました。生徒たちは様々に解釈し、イメージをひろげていました。この単元の中には、残り2回遠隔授業が計画されています。